<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チェロでの伴奏について

デュオでセッションし伴奏をするってことが、とても好きで同時に難しい。
楽器のタイプ別に各ケースについて考えてみた。
もちろん全部、チェロの音域や奏法を限定すればその限りじゃないという前提でー。

■対 擦弦楽器
バイオリンとビオラが一番ハモるし合うと思う。
この場合は2人で1つの楽器って感じになる。
特に違いに似た奏法をしてる時は、音の抜き差しに
違和感が少ないんだろなー。
チェロとはとちろん合います。
同じ楽器同士で合わないのってあるなかな?(? ̄▽ ̄)

■対 メロディ楽器 高め
ボーカルやフルートを初めとする高めのメロディ楽器もやりやすい。
この場合は擦弦楽器のようにハマらないけど、まあ普通。
擦バイオリンとかに比べてちょっと「支えなきゃ感」増えるかな。

■ 対 メロディ楽器 低め
テナーサックスとやることがよくありましたがとても難しい。

多分トロンボーンとかも難しいんだろうと思うけど、
音程の感覚が似てるから対等にやれて楽しいかも。
バイオリンとフルートのデュオより、
チェロとテナーサックスのデュオの方が
グチャってサウンドして難しそうだって思う。
バイオリニストへの当てつけです(笑)

渋サの不破さんの、ベースとチューバのデュオのアルバムがあるけど、
基本ベースはバッキングに徹してたな。
まぁ管楽器奏者には一人で伴奏やるって概念がないのか。
チェロもあんまりないですが^^;

■対 中域な和音楽器

ギター、アコーディオン、アイリッシュハープ
これらとのセッションが一番サウンドの可能性が広い。
お互いに支え合えるのがいいね。
難しいのメロディとバッキングを交代する時、
サウンドが一気に変わる。
伴奏がギター→チェロに変わる時はリズムが物足りなくなるし、
チェロ→ギターの時は低域が物足りなくなる。
なので、似たバッキングを引き継ぐより、
ハッキリ場面を転換するのがいいのかも。
まぁ僕の技量不足なだけか^^;

アコーディオンとデュオって数回しかやったことないけど、
音のアタックが近いから、また違った印象になるのかな。
ハープとは5月にデュオでやる予定( ̄▽ ̄)

■対 ピアノ
ピアノのデュオでやる時は伴奏は場合によって伴奏しない方がいいかなと思う。
やっていいかなと思うのは、
・バラードでのアルコの低音
・ある程度乗りのある4ビート
・白玉の和音
・チョップでリズムに徹する

場面がシビアなのが
・ギターっぽい和音
・リフっぽいフレーズでのバッキング(これがとても迷惑がられるかも)
・白玉のピッチカートの低音

お互いやり慣れててピアニストもソロをとるならいいけど、
そうじゃない場合、チェロは得体の知れない楽器なので、
「ギターの時と同じか」「ベースやってくれるのね」などと、
分かりやすいバッキングにするのを心がけないといけないかも。

■ 対 ベース ドラム
最たるものだと思うけど、やり方次第。
やり方次第でもちろん可能だけど、やれないことの方が多いし、
あたりまえですが^^;



奏法や音域に制限されずにピアノを伴奏できる楽器は、
ドラム、ベース、DJ、ピアノくらいなもんかな?
ギターやアコーディオンが往々にして可能ってとこで、
チェロの伴奏力(?)はそれ以下なので、なかなか難しいとこ。
あれだね、楽器ごとに何力が高いかグラフにしたら楽しいかも。







[PR]
by komitetsu | 2016-03-23 00:44

歌練

たまに歌の練習をするんです。
去年は2ヶ月に1回くらいボイトレ通ったりもして。

前に旅から帰ってきたときに、声域が全音くらい上がってました。
ソでキツかったのが、ラになってて、
その後のボイトレで声域はまた広がったりして
声についてちょいと理解したり。

で、帰国から1ヶ月経ちますが、
今歌ってみたらなんか音程がよくなっててビックリした。

あと歌でのアドリブがやりやすくなった。
音程をとるときに下から取らなくても、できた。
旅中2ヶ月あんまり声出さなかったからなの?
生声でモニターしてたのを、ヘッドホンでモニターする方が
歌いやすいと感じるようになったけどそれが理由なのか?

歌は精神的な側面がそのまま反映されるから難しいね。
大げさにジェスチャーするとやっぱ上手く歌える。
もちろん技術とかやり方ありきですが。

僕は調性を感じずに音程をとるのが凄く苦手なんですが、
それがちょっと得意になったということか?

よくわかりませんが、ラッキー。

やばいあと2時間で提出で、これから歌詞を作って歌いますw

[PR]
by komitetsu | 2016-03-21 14:24 | 音楽
世界一好きなチェリスト、Stephan Braunのレッスンから早1ヶ月が経ちました。
たった1時間のレッスンだったけど、いろいろと見えてきたものがあります。
その中でも特に感じたことは、演奏技法(?)の幅広さ。
各技法とそれについて思ったことを書いてみる。

■弓
・アルコ
いつものやつ。普通の弓の持ち方はアルコでの持ち方かなと思った。

・チョップ:
音量の大小の使い分け。アップとダウンの使い分けが大事か?
弦を上下にスライドさせてスネアのブラシのような音も出す。
アップでそもそも音がうまく出せるのか?
アルコと組み合わせながらやるとかっこいい。

・アルコのスラップ:
弓の木の部分で指板を叩きながら演奏。この音が僕は好きです。
Mark Summerもやってる。

■指
・ウッベのピッチカート
チェロは音域の高いウッドベースのような音色。
基本的に人差し指や中指で弾く。
ピッチカートは弾き方次第で低域の出方が変わる。
低域が出るよう、指ではなく手を動かす。
手首のスナップと肘が大事か?

・エレベのピッチカート
チェロはウッドベースの音色にエレベのアタックを持ち合わせた演奏が可能。
基本的なエレベと同じような指の角度。爪があれば高域がはっきりしたサウンドに。
ハンマリング、プリングはギターやエレベ程出ないが、チェロでも程度出る。
特に、シングルのハンマリング、プリングは十分可能。ダブル以上はフレーズ次第かな。

・アルペジオのピッチカート
チェロはギターのように和音の演奏が可能。コード感はウクレレ以上に出るんじゃない?
和音を綺麗に響かせる目的のピッチカート。
指は弦に対して平行にする。
あと音程を頑張る!

・クラシカルなピッチカート
主に親指で暖かい音を出す。爪は使わない。


各右手の奏法について練習の必要があるだけじゃなく、
右手の奏法が変わると、だいたい左手も全然違うことをします。
和音を押さえる時と、ダブルのプリングをする時で、
左手で気をつけるべきことが全然違う。
その辺が一層チェロを面白くさせるのかなと思いました。

その他いろいろ奏法はありますが、今日はまぁとりあえずこんな感じ。


[PR]
by komitetsu | 2016-03-06 00:49 | 音楽

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31