<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

理想の女性について

谷崎潤一郎の『痴人の愛』を読んだ!
能動的に鑑賞にし、時間芸術である長編小説にかけては、
丁度良いか、少し長いかなくらいの期間をかけて読んだため、
実生活への悟り(?)に関してはなかなか効果的で、
且つ、かなり面白かった!!
読んでて電車の中で音読しそうになるくらい!!
なので、読書として成功したかな。

本に関する感想を書き留めるのも大切だけど、
本の内容と、最近の出来事がタイムリーに一致する内容云々を書こうかなと。


美しい女について!
あーやっぱりこういう内容ですが・・・。


絶世の美女!とか
運命の人!とか
「世界で一番君が美しい!」とか


    あー!全然関係ないけど、
    目が見えない人にとって、美人の定義とは!?
    美女に出会ったときの心を奪われえる感覚をいつ味わうのか!?


最高にいい女に出会いたい!とか、
いろいろ異性に関して、特に男にとっての女ですが。。。
「最高にいい女」とはなんだろう???

ふと気付いたが、
己(「おれ」と読む)は、いつも「最高にいい女」に出会いたく、
「最高にいい女」と付き合いたい!と思っていた。実は。
で、「最高にいい女」とは当然自分にとってのそれで良いわけです。

しかししかし、「最高にいい女」ってのは、
世の中の男全員にとっての「最高にいい女」が存在しないのと同じく、
自分にとっての「最高にいい女」も存在しないんじゃないかと思った!
だとしたら、どこかにいい出会いはないか、と
未だ見知らぬ誰かへの恋慕の情はどこへやったらいいのかーーー。

女性は美しいが故、芸術品のように扱うことはしばしば。
彫刻などの美術品は素材こそ選択するものだが、
作者の脳内のイメージと作品は完全に一致できる。ま、論理的には。
逆に、山、空、花、鳥などの自然の美しさというのは、完全に受身だ。
そして、美術品と自然の美しさの間に存在するのが、女性の美貌!

美貌というのは、ほら、きっと感じたことがあるでしょう。
五感がその美貌的な何かに直面。
その後、どぎまぎさせて、言葉にならなくて、
怖くて相手の顔も見れないし、身動きできない。
でもテンションマックスで、やばい!もっと浸りたい!と思うやつ。
受動的な。一瞬全部の価値観が崩壊する感じ。

とても音楽に似ている。
そこには、美しさと楽しさが同居していて、
気持ちをさらけ出さなきゃいけなくて、無我夢中。
そんで、後で何度も反芻するんだ。
またあんな瞬間が来ないかなって。

平均律と純正律があるが、
平均律は楽しいが美しくは無い。
純正律は美しいが楽しく無い。
楽しいという感情はそれがずっと続くことへの欲求。
美しさへの直面は更なる美しさへの欲求。
これらを互いにせめぎ合わせられるのが、
クラシック音楽の一つの究極じゃない?
バロック後期までくらいは特に。
ま、みんな、特に演奏家は見て見ぬ振りだけど。
どうせ美しさを諦めるのさ。
ただ一人出会ったことあるのは、チェンバロ製作者のおじさん。
彼は美しさを求めてたよ。ほんと、敬礼!

で、話を女性に戻すが。
女性とは対話があって、鑑賞の対象だけではないのです。
対話は能動的で楽しさを求め、鑑賞は受動的で美しさを必要とする。
それらは打ち消しあったり、相乗効果を出したり、
いろんなケースがあるんだろう。
でも、結局、

結局、、、、

なんだろうねー、わからんー。
だから「最高にいい女」なんていないってこと。
ついつい想像しがちなのは、女性の美しさばかりだ。ということか。

ま、価値観人それぞれ。

己は谷崎潤一郎とその辺の価値観が合致したらしく、
つまり女性に対する対話と鑑賞の割合が合致したらしく、
かなり共感を覚えたのでした。

が、最近は結構いろいろ変わってきて、
不思議だけど好きな女性のタイプとか変わるもんだねー。
ま、それはまた今度。
[PR]
by komitetsu | 2010-04-30 23:02 | 生活

基礎練

昨日チェロ退かなかったら今日全然体動かねぇ!

と思ったが、最近やってない動きが出来てないということじゃん。

沢山のフレーズや音の感じ方をさらえる基礎練やらないとねー。

ジャズチェロのためのエチュード作ろうかな。

これなら電車の中でも作れる!
[PR]
by komitetsu | 2010-04-27 19:04

ひまー

仕事もう終わっちゃったー。


大学にでも遊びにいこうかなー。
好きな先生の授業ないかなぁ。
その後秋葉原にでも行こうかなー。
楽器屋で試奏といってチェロ練習するかぁ。
お散歩日和な陽気。
青山通りの建物は変わるの早いよなー。
最近自分が何をしたいのか少し分からず。
刺激欲しいわー。
夜は珍しく映画見に行きます。


大学着いた。
懐かしのベンチに座ってみた。
目の前にいるジェネレーションは違うし、
木々や建物の場所も少し違うから、
自分だけが年をとっちゃったようなトリップ感は薄いけど。
やっぱ、いつもここにある変わらない部分が、
やけに優しくてさ。
いつでも変わらないまま待っててくれてるみたいで。
もう知り合いなんてほとんどいないのに。
探しちゃうよ、友達。
それとも思い出そうとしてるだけかも。
いいよねぇ。
大学。
そして若い女の子がいっぱいだよー。
[PR]
by komitetsu | 2010-04-26 12:27

湧く湧く

新しいこと想像していけば、

想像していくほど現実的に。

わくわくするぜー。
[PR]
by komitetsu | 2010-04-25 11:51

ハッピー♪

友達のハッピーな内容のブログを読んだら、
ほんのちょっとだけ自分もハッピーになった気がした。

昨日は渋谷でいきなり路上ライブをやってみた。
音楽が楽しくてハッピーになった。

人が沢山集まった。ハッピーな僕らを見て、みんなハッピーになるからかな?
ハッピーな人が沢山いて、またハッピーになった。


これぞCDにはない、ライブの力??



happy☆。.::・'゜
[PR]
by komitetsu | 2010-04-20 11:19 | 音楽

やっぱ生が一番

楽器屋さんでウッドベースをアコースティックとエレキを試奏した!

ウッドベースとは又の名をコントラバスとか縦ベースとかアップライトベースとかいう、
あの渋い感じのでかいあの楽器ですよ。

俄然アコースティック、つまり生の方が良かったよ!
エレキは楽器との対話が出来ないから余計な力入るわ。
アコースティックは普通に気持ちよい。

秋辺りに買えたらなぁ♪
[PR]
by komitetsu | 2010-04-17 20:12

頼む人いんのか?

c0107901_16474662.jpg

[PR]
by komitetsu | 2010-04-15 16:47

踊ったよん

僕です!
いいとこが暗いーー。
まぁでもまだまだだな。
その一部を。

[PR]
by komitetsu | 2010-04-12 12:25 | 音楽

朝の渋谷

朝の渋谷はいいかも。

と一瞬思ったが、ただ人が少ないだけで、

臭かったり、雑多な感じでやっぱ渋谷は渋谷。

むしろ朝ってのの凄みを感じる訳で、それは渋谷の良さじゃない。

ま、もういいか渋谷は。

おはよー。
[PR]
by komitetsu | 2010-04-11 08:24

影響されがち

渋谷をふらついた。

気持ち悪いものが並び、古いロックンロールが流れる店に入った。
店番のお姉ちゃんがとびきり可愛かったから
多分また行くと思う。いい店だったし。

ビジュアル系バンドが路上ライブをやってて、
ファンの女の子5、6人が踊ってた。
ショルキーを見た(笑)

TSUTAYA前の交差点では外国人がカメラで人々をタクシーを追う。
信号が赤になって、車が走り出しても車道に出てた。

みんな変わってて素敵だ。

さっきまで野島伸二を読んでた。
朝は谷崎潤一郎を。
昨日の夜は遠藤周作を読み終わった。
最近夢の読書家。
本をあまり読まないことが僕はコンプレックスなので。

ただ、とても影響されやすい。
頭の中のことを言葉に直す時に、
野島節、谷崎節、周作節と、
さっき聴いてた音楽がまだ頭で流れてるみたいに、
その作家っぽく言葉を選びがちだ。
そうすると自然にその作家が持ち出すテーマに沿った思考になる。
そんな僕をどうか無視で。

渋谷に蠢く無数の人生、無数の思考。
その中に明らかに埋もれてるちっぽけな自分。
自分の大切なもの。大切な人。夢。自分自身。
それが何なんだという、ありふれた思春期の葛藤。
大人になるにつれて、その葛藤に情熱的でなくなるのは、
その葛藤を解決できたのではなく、保留することに慣れるんだと思う。
社会の価値観に合わせれば合わせるほど、
自分の存在に関しての疑問は肥大化するのに。

つまり、思春期のオリジナルな価値観を創造するチャンスを
みんな経験はするけれど、それとは逆方向の世の中が待ってる。
思春期以前の流れに順じる方が楽なんだ。

そういった意味では、
渋谷では思春期の葛藤に立ち向かう人々が割と多いのかなって思う。
やりたいことをやる。
それが一番だよねー。
[PR]
by komitetsu | 2010-04-09 21:38

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー