音楽との付き合い方〜前の続きかも

で、いつどこでどんな風に音楽に感動したのか、少し思い出したり。

今日は今まで関わったミュージシャンの音源を聴いて
「いいなー」と思い直す事が多い日です。

そういう音源は沢山あるんだけど、
考えてみれば買ったり借りたりした音源より、
ライブやレコーディングの参考音源としてもらった音源の方が、
好きな音源が多いかもしれないと思った。

その中にはまだ10代の時にもらった音源とかあって、
すごくすごくお気に入りなんだけど、
演奏も音質もあんまり良くなかったりもする。

やっぱり音楽って言葉とか気持ちそのもので、
俺もちゃんと音を聴いてないだなーと痛感。
思い出とか、愛着とかそういう部分に浸って、
その音源を気持ちよく感じるのだろうなー。

高校2年の時の合唱コンクールの練習音源とかあるけど、
合唱そのものはあんまり聴かないんだ。
合唱前後の教室のざわめきとか、静かになっていく感じとか、
そんで合唱始まって、終わってまたざわめく音を聴いちゃう。
その頃から「録音っていいな」と思ってて、
写真より臨場感のある時間の保存方法だなと。
我ながら立派な感性を持った高校生だったな、俺偉い。
自分褒めて終わり。仕事するかー。
[PR]
by komitetsu | 2012-06-03 01:38 | 音楽

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30