紡ぐ感じ

もっと、天から、音が降りてくるように、

演奏したり作曲したり、

そういう感覚ないなと思った。

作曲への憧れ、というのは、

まさにそういうところだったのに。

森羅万象が音になる事が出来ると思ってたし、

科学的に、それこそ超ひも理論とか読んでみると、

ああ、波とは、振動とは素敵なものだなと、

五感の中で一番低い周波数を感じる触覚。

中くらいのは聴覚、

高いのは視覚。

音楽は中くらいのそれによって出来る訳で、

ああ、なんかこんな壮大で高尚なものは、

理論的にどう頑張っても、やっぱり感覚の凄さにたどり着けないと思う。

だからもっと感覚使って、

音楽に対して滔々と、しみじみと、言葉にならない何かをどこかから、

ふわっと、持ってきてみたいよね。

普段からそういう感覚をもう少し大事にしようと、

ふと、思った。

特にチェロってそんな感じの楽器。

優しく、違う次元から現れたように、

存在感のある音が、どこからともなくやってくる音だよね。

チェロの音は。
[PR]
by komitetsu | 2012-01-15 02:39 | 音楽

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31