いつかやりたいこと



よく僕は自分にも人にも問いかける

「例えば、無人島で一人ぼっちで、
世界の何処にも人間は自分だけになったする。
それでもそれをやりたいと思う?」

ここでNoと言える事は、
自分以外の誰かがいるからこそやりたいこと。

ここでYesと言えることは、
他人が関係なく、自分本心のやりたいこと。

同時に、
Noの場合は誰かのリアクションを求めてて、
Yesの場合は、、、なんだろう、ワクワクあの感じが堪らないんだ。



で!
Yesと言えることは沢山ある!
今まで視界の外にあったんだけど、
最近はチラついてしょうがない。

やっぱさ、世界を見たいよね。
これをせずに、人生は終われない。

音楽は僕にとって、人生を安定させるものだと思う。
音楽を出したり入れたりするスピードが、
僕の心と体の速度に丁度いいから。

人生が長いスパンで安定してきたら、
やっぱり次に別のもの見えてくるよね。
一人暮らししてからかな?なんか変わったのかも。

目指すべきものは、
他者からどう見られるかとか、
社会での何であるか、
じゃなくて、ライフスタイル!!

これだよ。

ライフスタイル!!!


2回書いてみた!
mac片手にwifiで仕事のやり取りしながら、
ネットが繋がるところで世界を旅しながら生きたい!


「知る」
ってのは、人間にとって果てしなくベーシックなこと。
何を知るか!だけど、
巷に溢れるニュースは、どうでも良すぎで笑える(笑)

それはさ、もともと人間にあった「知る」って行為を、
テレビ等のメディアが支配してるからだよね。

「世界を知る為の行動」が、いつの間にか
「テレビで知る為の行動」になっていて、
情報の基準がテレビになっちゃうんだ。

「テレビで知る」は「世界を知る」の対極。
まだ「本で知る」や「ネットで知る」の方が「世界を知る」に近い。

でもどれも「世界を知る」の「五感で知る」の代わり。
やっぱ本来、世界は「五感で知る」でしょ!!

ということで、論理的に何故世界を知るということが大事かでした。

でも、それじゃあ家族持てないなぁ。
ま、まだ心配する段階じゃないが(笑)



オーロラ見たい!
世界で最高の星空見たい!
サハラ砂漠!
アマゾン!
墨絵みたいなとこ!
氷河!雲の上!海の真ん中!海底!


ってなんか自然ばっかだな。

ピラミッド!!!
マチュピチュ!!!
東南アジアの市場!


っていうか、文化を知りたい感じたい!

インド!
東南アジア!
密教!
西欧!
東欧!
北欧!
アメリカ!
っていうか、なんていうの、文化って場所じゃなくて時間?
むしろ人に宿ってるよね。
だから、人に会うってことか。


あーーーー人生あと何年あるんだろ、
全部で何円使えるんだろ、
原始人の人生観とは何だったんだろう。
宗教のある世界で育った人にとって人生観ってどんな?
犬は、猫は、鳥は、虫は、何がしたいんだろ。
生きるって何だろうね?
でも、何かしたいと思う!
感じたい!自分のことも、世界のことも。
だから、人はさ、いろんな物を知って生きていって、
でもなんだか儚いよね。
でもその方が結局最後、
「生まれて良かった」と思えるか、そうだと思う!
世界を愛することが出来るよ。

もし、毎日が本当にたくさんの感動に溢れていたら、
感動すること自体に慣れてしまうのだろうか?
または、感動の基準は変わってしまうのだろうか?
感動とは、世界をまた少し愛した瞬間だと思う。

世界は僕を認めてくれるか分からないけど、
僕は世界を認める、愛する、大切にする。
そうすれば、世界に愛されてきたような気がするよね。
[PR]
by komitetsu | 2011-05-22 21:28 | 生活

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31