俺が電車に乗ってるとき

mixiの日記で友人がある人を紹介していた。

その人のプロフィールを見てみたら、

急性白血病の患者さんって書いてあった。

俺の2個上で、たまたま地元が近い。

1年半前に病気が判明して、

それから突然の闘病生活。

日記は毎日のように更新され、

大好きな洋楽の話題やYou Tubeの映像が沢山。

病気の話とか、その日のこととか、いろいろ。

写真もしょっちゅうアップしてあった。

いろいろ日記を見た後で、

最後の昨日の日記を読んだ。

最後の日記は友人が書いたもので、

ほんの数時間前に息をひきとったとのこと。

あまりにリアル。

どの日記にもとても沢山のコメントが寄せられてて、

どのコメントからも本気さが伝わってきた。

なによりも、彼女自身が死と隣り合わせなのに、

とっても快活で力のこもった日記を書いてたことが

一番驚いたし、なんか伝わった。

強いよなぁって。

俺だったらまず精神的に落ち込んで、

あんなに普通に日記かけないし。

すごいストレートで、さすがメタル好きって感じだった。

きっと今、長い戦いが終わって、体の痛みから解放されて、

また次の何かに向かっているはず。

とりあえずさ、世界各国いろんな文化や価値観がある中で、

ほとんどが死後も魂は続くって考えでしょ。

んで、実際にそういうの見える人とかいるんだから、

きっと本当にそうなんだと思う。

だから、日記に対するどのコメントも伝わってるし、

彼女を取り巻く人々の思いもきっと伝わってる。

でも僕らの世界から彼女は失われたし、

小説を読み終わるように、彼女の時間はストップしてしまった。

それは悲しいことだ。

文章が繋がらなくなってきたが、

人を人々は愛してるってこと、

愛してるものってとっても大切なこと、

大切なものは失われると悲しいこと、

でも失われそうになって大切だって気付くこと、

強い人がいたこと、

俺はいまいち誰かを本当に失う悲しさを知らないこと、

後悔しないように生きること、

を感じた。

で、それらは大切なことだと思った。

でも大切って何かいまいち分からん。

何が何でも明日は来て、

晴れれば気持ちよく、

飯は美味いし、くそも出るし、

面白い芸人で笑い、

政治家が意味の無い発言をし、

サラリーマンは満員電車に乗り、

恋人達はいちゃつき、

犬は何もすることがなく寝そべる。

同時にイスラエルとパレスチナの戦争は続き、

誰かが生まれ、誰かが死に、

遠くの惑星の生物が全滅しているかもしれない。、

俺が黒い血を吐くかもしれない。

でも自分だけ世界では、

本気でそう思っていない自分が一番ふざけてる。

もう遅いので寝ます。

そういうのがなんかダメだ。

大切さが感じられない。

でも、大切さを感じるときが、

命の危機であるのなら、

大切さを感じないほうがいいだろう。

しかし、いつか死はやってくる。

そうしたらもう哲学にはまるほかないのかもしれない。

そうならない程度に死は非現実的で、

同時に、命の大切もまだ実感がわかない。

そういうもんだ。

あー、殴り書き。

おやすみ。

それでよい。
[PR]
by komitetsu | 2009-01-28 04:18 | 生活

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31