これか!!

日ごろ悩んでいた純正律と平均律の違いとか、

ちょっと明らかになった模様。

コード進行はあるけど、結構モーダルな曲を作ってて、

チェロ録ってたんだけど、

エレピを平均律にしたときに感じた、

「ここピッチ怪しいなぁ」って感情は、

エレピを純正律(Pure Minorの方)にしたとたんに、

「あー純正律の心地よさだ~。でも平均律的には気持ち悪い」

っていう新しい感覚が言葉の具体性を帯びて芽生えた!!!

今までもなんとなく分かっていたものの、ようやく体系的に!

しかしはて、どうしたらいいのかーーー。。。(泣)



僕の耳は、

ラインは純正律にちょいと近寄りぎみの平均律に、

和声はまぁそれなりに純正律に、

それぞれチューニングされているっぽい!

ただし和声は3度の場合、7度の場合、6度の場合はなんとなく分かるけど、

9th、11thなどのテンション音になるとようわからん。

何故7度にはちょいと慣れているかというと、

ジャズなんかでは絶対に7thを使うわけで、

ベースラインに7度を入れるのが僕は大好きなわけで、

他のテンションに比べると、ちょっと造詣が深いのです。

また、和声進行的にはっきりすべきところや、

全体のバランス等も加味した場合は、平均律っぽい和音の方を

気持ちよく感じるときもあるみたい。



でー、あと5年くらいで純正律と平均律についての山を越えられたら、

30代になるころには冠位十二階から抜け出せている予想(笑)

論文でも読もうかなー。

音程とは音階とはなんなんだ!?みたいなー。

イッtsゥヴゥルィヘァピィ^-^!
[PR]
by komitetsu | 2008-11-14 14:31 | 音楽

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31