.

チェロ奏者、作曲家こみてつのブログ。

CDの全曲視聴とご購入→https://bhearth.booth.pm/items/269460
音源いろいろ → https://soundcloud.com/komiya-tetsuro
作曲講師してます → http://orihotoneschool.com/dtm.html
マイク屋 →http://neomorphic.kacchaokkana.com
Twitter →https://twitter.com/komitetsu
直接のご連絡はこちらへ。
komitetsu@gmail.com

☆ライブ予定
8/2 神保町スピンギャラリー with 清家静香
8/5 愛知県大府 食堂Imura内 BORDO Cafe : Caltarlo
8/6 三重県津 クーリアイカヌゥ : Caltarlo
8/7 大阪府高槻 JK RUSH : Caltarlo
8/23 六本木Club T :with Pf. 川村健 Dr. 小山田和正
8/25 曙橋Back In Town :田窪一盛カルテット
8/26 吉祥寺Strings with Vo.詞美 恵 Pf.リンヘイテツ
8/27 三元茶屋グレープフルーツムーン セッションにホスト的に参加します。
8/28 町田ノイズ with Vn. 本多和樹 Va. Kimura Atsuyoshi (入場無料・投げ銭)

ありがたや!!

[PR]
# by komitetsu | 2017-12-31 23:59 | 音楽
2月6日NHK Worldで放送のInside Lends / Suturing Culture、全曲作曲させていただきました。

ドキュメンタリー映画監督のIan Thomas Ashの作品で、
順天堂大学医学部の英語に関するドキュメンタリー番組です。
2月6日10時半から放送で、日本ではネット放送で見れますが、
放送後も2月20日までオンデマンドで無料で見れるみたいなので、是非ご覧ください。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/lens/20170206/

チェロのハンマリングを活かしてるが自分的にポイントです(笑)
Ianの作品に関わらせてもらうのは2作品目で、映像に合わせ合わせすぎず、
雰囲気、感情、出しつつ出しすぎず音楽で演出していく感じが、とてもいい経験だったし面白かったです。
今後もより一層、映像系の音楽に携わっていたいので、こういう機会をいただけたことにとても感謝しています。
もっといい音楽を作れるよう精進します!
[PR]
# by komitetsu | 2017-02-08 19:53 | 音楽

年の瀬

今年一年いろんなことがあった。
先日銀行の通帳を久しぶりに記帳した。
3年間で数百万使ってるのね。まぁ普通そうだけど。
今年もいろいろ買ったなぁ

車、ウッドベース、エレキのウッドベース、電子ピアノ、
ハンモック、オーディオインターフェース、
ドリルドライバー、携帯電話、
Embertone バイオリンのシンセ、ビオラのシンセ、カリンバのシンセ
UVIのジプシースイングバンドのシンセ

リリースしたCDはcaltarlo, key, bhearth, インストの、toast sets、5枚くらいかな。もっとあるかも。
ライブの本数は36本だった。もっとあるかも。でも少ないなー。

まー、そんなもんね。
来年も楽しくがんばろう♪
[PR]
# by komitetsu | 2016-12-29 18:14 | 生活

電車で

今朝は満員電車で座ってたら赤ちゃんをおぶったお母さんがいた。
隣の隣で立ってた外国人の男性が気にしてて、譲らねばと思ったので、
少し遠かったけど声かけて譲った。

今帰り電車で、外国の人が困ってたので、話しかけたら小田原に行きたいとのこと。
この電車乗ってればいいよって教えたら、英語上手いね、どこで勉強したの?って誉められた。

どうすればもっと知らない人とのコミュニケーションが盛んになる世の中になるかねぇ。でも少しいい1日。

[PR]
# by komitetsu | 2016-11-30 20:04 | 生活
新アルバム、配信リリースです!!
Toast Sets(東京ストリングスセッション)/ ふぁーすととーすと
弦楽三重奏でジャズスダンダードの曲をセッションしました。

動機は
1. 弦楽四重奏って近くで生で聴くと圧倒的に感動的で、それを伝えたい。
2. ライブを見ながらお客さんが携帯に気軽に音源をダウンロード/ストリーミングできたらいいなー。
3. 音楽の購入も配信も簡単な時代なので、レコーディングも簡単でいいじゃん。しかもいい音で録れるんだし。
4. ストリングスでのジャムセッションがもっと広がればいいな。

 レコーディングには全て僕自作マイクを5ch使用し、一発録り。
 リハスタでたった2時間の中でレコーディング。
 帰りの電車でミックス作業。
 あとは、配信の作業をして出来上がり!十分な出来かなと。

あんまり時間も費用もかかってなくて申し訳ないけど、
聞き放題系配信サービスをご利用の方は月額料金の中で聴けます。
ダウンロード購入可能な方は1曲150円〜、7曲450円〜購入できます。
何よりご一緒してくれたお二人の対応力と演奏と気持ち的に支えられて進むことができました。

全曲聴けるCM動画はこちら


是非「Toast Sets」で検索してください。

■以下から配信されてます
iTunes Store, Apple Music, Google Play Music, Spotify
Music.jp Store, スマホでUSEN, うたパス,
Oricon ME!, KKBOX ,Line Muisc ,レコチョクBest
ひかりTVミュージック,dミュージック月額コース
recochoku,dミュージック powered by レコチョク
Music Store powered by レコチョク, dヒッツ powered by レコチョク
OTORAKU —音・楽-, replay, USEN 500ch × HMV
Line Music等からも順次配信予定。

Toast Setsについてですが、
ストリングスをもっと自由に
レコーディング+配信をもっと気軽に
バイオリン、ビオラ、チェロなどの楽器を中心に集まり、
インプロビゼーションでレコーディングして、
ストリングスセッションの魅力を伝え、広げるプロジェクトです。

ストリングスはちゃんとアレンジしなきゃいけないイメージが
強いと思いますが、必ずしもそうじゃないかなって思います。

PCで作られてちゃんとアレンジされたストリングスよりも、
アレンジはアドリブでジェットコースターみたいだけど、
生の弦楽器の響きの方が絶対に感動するかなって思います。
ま、どっちも大事だけど。
でもそれでフットワークが重くなるのは残念だなって。

続くといいなと思うので、どなたかご一緒してください!
ストリングスで歌いたい方、ご連絡ください!

[PR]
# by komitetsu | 2016-08-23 15:21 | 音楽

Bhearth

M3以降始まった音楽ユニットのサイトです!
http://bhearth.strikingly.com/

で、僕の去年出したCDのダウンロード販売をしてもらいました♪
全曲視聴とご購入はこちらから

Bhearth名義の音源にもアレンジ、演奏などで参加しています♪
全曲視聴とご購入はこちらから

[PR]
# by komitetsu | 2016-06-21 20:22 | 音楽

M3に出展します

10年ぶりくらいにM3に出展します。
10年前は出展じゃなくて、作品がどうやら使われたんだ、ふ〜ん、
でした。

今回は、【春M3い-31a】ってブースに、
Bhearthさんの脇にちょいとだけ出させていただきます。

https://soundcloud.com/komiya-tetsuro
こちらの中のThe Night Sky Dreamingや、繭が入ってる、
割とチェロなアルバムと、その他、前に作ったものとかを出そうと思います。


[PR]
# by komitetsu | 2016-04-13 21:44 | 音楽
2月に大先生にチョップを教えてもらってから、
やっと真面目にチョップを練習するようになりました^^;

で、練習してるんですが、チョップとノート(音程のある音)のコンビネーションで、
ギターのカッティングみたいに弾くために、いろいろ研究していて、
分かったことを偉そうに語ろうと思う。

チョップのパターンは以下の項目で絞られるかもってやつ。
------------------------------
■ダウン or アップ
弦楽器奏者おなじみの、アップとダウンの違い。
基本は表がダウン、裏がアップだと思うけど、
アップダウン、アップアップ、ダウンダウンあり。

■アタック or プラック or スクラッチ上下左右
勝手に命名しました。既存の名前があったら、すみみません。
アタック:弓の毛が弦に当たって出すチョップ
プラック:弦に乗ってた弓が、弦から離れる時に出すチョップ
スクラッチ上下:毛が弦の上を上下に滑って出す音
スクラッチUp/Down:毛が弦の上を左右に滑って出す音

■アクセント or ゴースト
音が大きいか小さいか
------------------------------

すべてのチョップは上記パターンのどれかに割り当てられる。
例えば、
・アップで、アタックの、アクセントのチョップ → アアアチョップ。
・ダウンで、プラックの、ゴーストのチョップ → ダブゴチョップ。
・ダウンで、スクラッチUp、ゴーストのチョップ → ダスゴチョップU

といった感じにしましょう。
スクラッチ上下はアップダウンがないので、抜かすと、
12パターンのチョップがあることになる。

最も一般的なチョップの8ビートは、

A【ダアゴチョップ→アプゴチョップ→ダアアチョップ→アプゴチョップ】x2回

だよね。
アップダウンが逆のパターン、
アタックプラックが逆のパターンがあるので、
オルタネイト(アップダウンのリピート)な8ビートが、4パターンできることになる。

B【アアゴチョップ→ダプゴチョップ→アアアチョップ→ダプゴチョップ】x2回
C【ダプゴチョップ→アアゴチョップ→ダプアチョップ→アアゴチョップ】x2回
D【アプゴチョップ→ダアゴチョップ→アプアチョップ→ダアゴチョップ】x2回
これで4パターン。


そして、変幻自在なファンキーチョップをするにあたってのポイントは

★プラックの時しかノートは出ない
★プラックするためには、弦に弓が乗っていないといけない

ってことだと思った。
  ここではチョップなので、スピカートという奏法は抜きにして考えます。
  スピカート入れると超複雑になりますが、スピカートでも楽音が出るね。
  なお、スピカートとチョップは弓の位置がちょっと違うから難しいし、僕が下手なのです。

つまり、
AとBで始まる場合、裏拍にしかノートを入れられない。
CとDで始まる場合、表拍にしかノートを入れられない。
宿題やってないとノートをカバンに入れられない。→宿題やったがノートを忘れたと言う。
という問題が発生!

もちろん休符を入れたりして、アタックとプラックの表裏をずらせばいいけど、
でも、それだとオルタネイトじゃなくなるから、速いフレーズに対応出来なくなる。
ファンクなら16ビートでチョップしたいし。。。

そこで、オルタネイトを保ったまま、アタックとプラックをずらす方法。
■ダアゴチョップSP→アアゴチョップ
■アアゴチョップ→ダスゴチョップU→アプゴチョップ
という方法。
SPとは、スピカートの事ですがここでは使わないって書いたからスペシャルでいいです。
これでアタックのチョップが連続できる!!

そんなこんなでメトロノースに合わせて練習をしましょう。
o(`ω´ )oダアゴアアアアダスゴアプゴダアゴアオアアゴアゴアゴアゴSP!!


最初は真面目だったんだけど。。。

[PR]
# by komitetsu | 2016-04-03 22:28 | 音楽

チェロでの伴奏について

デュオでセッションし伴奏をするってことが、とても好きで同時に難しい。
楽器のタイプ別に各ケースについて考えてみた。
もちろん全部、チェロの音域や奏法を限定すればその限りじゃないという前提でー。

■対 擦弦楽器
バイオリンとビオラが一番ハモるし合うと思う。
この場合は2人で1つの楽器って感じになる。
特に違いに似た奏法をしてる時は、音の抜き差しに
違和感が少ないんだろなー。
チェロとはとちろん合います。
同じ楽器同士で合わないのってあるなかな?(? ̄▽ ̄)

■対 メロディ楽器 高め
ボーカルやフルートを初めとする高めのメロディ楽器もやりやすい。
この場合は擦弦楽器のようにハマらないけど、まあ普通。
擦バイオリンとかに比べてちょっと「支えなきゃ感」増えるかな。

■ 対 メロディ楽器 低め
テナーサックスとやることがよくありましたがとても難しい。

多分トロンボーンとかも難しいんだろうと思うけど、
音程の感覚が似てるから対等にやれて楽しいかも。
バイオリンとフルートのデュオより、
チェロとテナーサックスのデュオの方が
グチャってサウンドして難しそうだって思う。
バイオリニストへの当てつけです(笑)

渋サの不破さんの、ベースとチューバのデュオのアルバムがあるけど、
基本ベースはバッキングに徹してたな。
まぁ管楽器奏者には一人で伴奏やるって概念がないのか。
チェロもあんまりないですが^^;

■対 中域な和音楽器

ギター、アコーディオン、アイリッシュハープ
これらとのセッションが一番サウンドの可能性が広い。
お互いに支え合えるのがいいね。
難しいのメロディとバッキングを交代する時、
サウンドが一気に変わる。
伴奏がギター→チェロに変わる時はリズムが物足りなくなるし、
チェロ→ギターの時は低域が物足りなくなる。
なので、似たバッキングを引き継ぐより、
ハッキリ場面を転換するのがいいのかも。
まぁ僕の技量不足なだけか^^;

アコーディオンとデュオって数回しかやったことないけど、
音のアタックが近いから、また違った印象になるのかな。
ハープとは5月にデュオでやる予定( ̄▽ ̄)

■対 ピアノ
ピアノのデュオでやる時は伴奏は場合によって伴奏しない方がいいかなと思う。
やっていいかなと思うのは、
・バラードでのアルコの低音
・ある程度乗りのある4ビート
・白玉の和音
・チョップでリズムに徹する

場面がシビアなのが
・ギターっぽい和音
・リフっぽいフレーズでのバッキング(これがとても迷惑がられるかも)
・白玉のピッチカートの低音

お互いやり慣れててピアニストもソロをとるならいいけど、
そうじゃない場合、チェロは得体の知れない楽器なので、
「ギターの時と同じか」「ベースやってくれるのね」などと、
分かりやすいバッキングにするのを心がけないといけないかも。

■ 対 ベース ドラム
最たるものだと思うけど、やり方次第。
やり方次第でもちろん可能だけど、やれないことの方が多いし、
あたりまえですが^^;



奏法や音域に制限されずにピアノを伴奏できる楽器は、
ドラム、ベース、DJ、ピアノくらいなもんかな?
ギターやアコーディオンが往々にして可能ってとこで、
チェロの伴奏力(?)はそれ以下なので、なかなか難しいとこ。
あれだね、楽器ごとに何力が高いかグラフにしたら楽しいかも。







[PR]
# by komitetsu | 2016-03-23 00:44

歌練

たまに歌の練習をするんです。
去年は2ヶ月に1回くらいボイトレ通ったりもして。

前に旅から帰ってきたときに、声域が全音くらい上がってました。
ソでキツかったのが、ラになってて、
その後のボイトレで声域はまた広がったりして
声についてちょいと理解したり。

で、帰国から1ヶ月経ちますが、
今歌ってみたらなんか音程がよくなっててビックリした。

あと歌でのアドリブがやりやすくなった。
音程をとるときに下から取らなくても、できた。
旅中2ヶ月あんまり声出さなかったからなの?
生声でモニターしてたのを、ヘッドホンでモニターする方が
歌いやすいと感じるようになったけどそれが理由なのか?

歌は精神的な側面がそのまま反映されるから難しいね。
大げさにジェスチャーするとやっぱ上手く歌える。
もちろん技術とかやり方ありきですが。

僕は調性を感じずに音程をとるのが凄く苦手なんですが、
それがちょっと得意になったということか?

よくわかりませんが、ラッキー。

やばいあと2時間で提出で、これから歌詞を作って歌いますw

[PR]
# by komitetsu | 2016-03-21 14:24 | 音楽
世界一好きなチェリスト、Stephan Braunのレッスンから早1ヶ月が経ちました。
たった1時間のレッスンだったけど、いろいろと見えてきたものがあります。
その中でも特に感じたことは、演奏技法(?)の幅広さ。
各技法とそれについて思ったことを書いてみる。

■弓
・アルコ
いつものやつ。普通の弓の持ち方はアルコでの持ち方かなと思った。

・チョップ:
音量の大小の使い分け。アップとダウンの使い分けが大事か?
弦を上下にスライドさせてスネアのブラシのような音も出す。
アップでそもそも音がうまく出せるのか?
アルコと組み合わせながらやるとかっこいい。

・アルコのスラップ:
弓の木の部分で指板を叩きながら演奏。この音が僕は好きです。
Mark Summerもやってる。

■指
・ウッベのピッチカート
チェロは音域の高いウッドベースのような音色。
基本的に人差し指や中指で弾く。
ピッチカートは弾き方次第で低域の出方が変わる。
低域が出るよう、指ではなく手を動かす。
手首のスナップと肘が大事か?

・エレベのピッチカート
チェロはウッドベースの音色にエレベのアタックを持ち合わせた演奏が可能。
基本的なエレベと同じような指の角度。爪があれば高域がはっきりしたサウンドに。
ハンマリング、プリングはギターやエレベ程出ないが、チェロでも程度出る。
特に、シングルのハンマリング、プリングは十分可能。ダブル以上はフレーズ次第かな。

・アルペジオのピッチカート
チェロはギターのように和音の演奏が可能。コード感はウクレレ以上に出るんじゃない?
和音を綺麗に響かせる目的のピッチカート。
指は弦に対して平行にする。
あと音程を頑張る!

・クラシカルなピッチカート
主に親指で暖かい音を出す。爪は使わない。


各右手の奏法について練習の必要があるだけじゃなく、
右手の奏法が変わると、だいたい左手も全然違うことをします。
和音を押さえる時と、ダブルのプリングをする時で、
左手で気をつけるべきことが全然違う。
その辺が一層チェロを面白くさせるのかなと思いました。

その他いろいろ奏法はありますが、今日はまぁとりあえずこんな感じ。


[PR]
# by komitetsu | 2016-03-06 00:49 | 音楽

帰国しました!

2ヶ月と1週間、4カ国9都市のチェロ旅から今日帰国しました。
全然更新しなかったので、最後くらい書きます。


帰国前1週間に、

lightningケーブル、キャリーのタイヤ、PCのケース、iPadケース
などが次々と壊れました。ぎりぎりまで頑張ってくれて感謝。


また、旅の最中では、
初日に80ユーロをスられ、
スーツケースの中身を大量に盗まれ、
ジャムセッションで赤っ恥をかき、
ホステルのブレーカーを落としました。^^;


でも、失敗ばかりじゃなく、
前回のチェロ旅より遥かに多くの方々にお会いすることができましたし、濃い話を聞かせてもらいました。
日々、出会いと別れがありました。どの出会いも嬉しかった。
音楽を通して、いろんな出会いと、音楽を一緒に楽しむ時間がありました。
そして、世界で一番好きなチェリストStephanのレッスン、
スーパーサクスフォニストJosep Lluisとのライブ、
は得に思い出深いです。


11月にまたドイツに行きたいという目標もできました。


そして、
人生に悩んでる人、なんか日々が楽しく過ごせないって人は、
是非バックパッカーしてみてください。
新しい価値観とライフスタイルに出会えます。
やり方全部お伝えします。


今回は観光とか移動とか結構したけど、月に5万円しか使わなかったし、
前回は5ヶ月中3ヶ月は月2万円で普通に生活してました。
なお男性にはどうやって現地の女子にモテるか秘策をお伝えします。


今回の旅でも、バイオリン片手に一人旅をするマレーシア女子や、
英語全然話せず貧乏旅の元フォトグラファーの76歳のフランス人爺さんなど
素敵な人生を歩んでる人たちに出会って元気をもらいました。
その元気を分けれたら嬉しいです。


[PR]
# by komitetsu | 2016-02-24 09:26 | 世界放浪 2015年12月-2月

もはやフランクフルト

全然ブログ更新していませんが、ちゃんとやってます。
リスボン → サンセバスチャン → パリ → フランクフルト
と来ました。明日、ベルリンに移動します。

でも最近は早く家に帰りたいです。
というか、家ごと旅できれば最高なんですが(笑)

各地でいろんな方にお会いしていますし、
偶然いろんあ出会いもありました。
前回の旅よりずっと充実している気がする。

ではバスキング行ってきます!
なるべくまた書きます!
ブログの左下あたりにツイッターは随時更新されているので、
生存確認はそちらでw

[PR]
# by komitetsu | 2016-01-29 00:13 | 世界放浪 2015年12月-2月

サンセバスチャン

リスボンの次はサンセバスチャンに行きました。
スペインの北のリゾート。小さな街なので、観光しやすかった。

サーフィンできる海と、
c0107901_22185882.jpg
山の上の古城


c0107901_07420198.jpg
古城からの街の風景
c0107901_07434177.jpg
路上のミュージシャンに出会い
c0107901_07453558.jpg
一緒に演奏させてもらい仲良くなりました!
c0107901_07454635.jpg
超絶うまかったわ。。。
で、動画も。

あと美味しいピンチョスっていう料理がサンセバスチャンでは有名。
スペイン全体で有名だけど、特にサンセバスチャンは有名なんだって。
c0107901_07493115.jpg
で、この丘の上のお城に登ります。
c0107901_07500892.jpg
こんな感じで山道スタート。

c0107901_07514877.jpg
途中大砲があったりして
c0107901_07522359.jpg
こういう忘れられた広場みたいなのがラピュタにあったよね。
巨神兵がいたとこ。


c0107901_07533033.jpg
いい感じに廃墟ってる。

c0107901_07551927.jpg


一番上にはキリストがいました。
c0107901_07541841.jpg

上からだとカテドラルもちっちゃい。
c0107901_07570975.jpg

今まで行った都市、全部のカテドラルに行っていますが、
サンセバスチャンのカテドラルはとってもシンプルで素敵だった。
キリストの像も仰々しくないし、奥にぐるっとチャペルないし、
c0107901_08053003.jpg
それでいてステンドグラスがとても綺麗だったな。
c0107901_08071367.jpg
こっちは旧市街にある方の教会。
こっちも今までのに比べるととてもシンプル。
c0107901_08095068.jpg
でも写真でわかるように祭壇の右にウィンドウズのデスクトップ画面がwwww
その後なんか別の文字出してたので、
「やば!人来てるじゃん」と思って変えたんだと思う ^^;

サンセバスチャンのホステルで最初の夜、
アメリカ人(コロラド)、ドイツ人2人、オーストリア人、スイス人、僕で、
飲みに行ったけど煩くてあんまり何言ってるか分かんなかったけど、
楽しかったなー。こっちの大学に通ってる子とか多くて、みんな博学。
あ、アメリカ人の子だけはやんちゃな感じだったけど。
こういうのが小さいホステルだとよくあるのでいいね。


で、次回、サンセバスチャンからパリになんとか辿り着いたところから!







[PR]
# by komitetsu | 2016-01-17 21:14 | 世界放浪 2015年12月-2月

リスボン その2

リスボンは5日間滞在しましたが、結構雨続き。
んで、ようやく晴れたと思ってバスキングしても、
2時間くらいで警察に止められちゃいました。

「つぎに見つけたら楽器没収ね。取り返すのに500ユーロ払ってもらうからね!」

って言われました。親切そうな警官だったけど、
本物の警官だったのかは未だ謎w ま、リスボンはライセンスいるみたいだからね。

以下リスボンのいろいろ。

まずリスボンといえばこの風景。
トラム、坂、パステルカラーの家々、海!
c0107901_21272826.jpg

ドアに窓。
c0107901_20411894.jpg

トゥクトゥクがカラフル。
c0107901_20415490.jpg
ファドを専門に売ってる車。ファドっていうのはポルトガルを代表する音楽ジャンル。
c0107901_20420429.jpg

路上ミュージシャン。トランペットとJBLのポータブルスピーカーで十分な音量を稼いでてびびった。
c0107901_20414708.jpg
路上のダンサー。
c0107901_20414280.jpg
フランス人のじいさん。この人とその後二人でご飯食べ行ったりしたんだけど、
お互いのつたないスペイン語のみで会話が成立してましたw 面白いじいさんで、
76歳で貧乏旅行中。以前はプロのフォトグラファーだったらしいです。
「この後パリにも行くよ」って言ったら
「23際の時にパリでエキシビジョンやったよ。当時は白黒でねー」
とか、いろいろ話ししたなー。
c0107901_20431765.jpg
そのじいさんがみんなに振舞ってくれたランチ。
料理もお上手でした。Old Town Hostelってところに泊まったんだけど、
これまで泊まった20か30のホステルで一番良かった!
スタッフはフレンドリーだし、だから客もフレンドリーで、
お互いとっても仲良くなった。とてもいい思い出。
c0107901_20432722.jpg
リスボンのカテドラル。とっても古くてびっくりしました。
リスボンの歴史など歩いて回るツアーに参加した。
案内人のお姉ちゃんの目が青いんだけど、真ん中がちょっと赤い素敵な瞳でした。
もちろん可愛かったwなんで写真をとらなかったのか。。。
c0107901_20434191.jpg
最終日、奇跡的に出会ったグループMaZéi。
チェロのJose曰く、ポルトガルで唯一ジャズをやるチェリストなんだって!
その後楽器持ってきて一緒に演奏しました。いい思い出。

MaZéiの二人とはまたどこかで会って一緒にライブやりたいな。

c0107901_20435352.jpg
リスボンはタイルも有名。いたるところにタイル。
c0107901_20450759.jpg
ファド聴きに行きました。
最初はギターとバンドリンの二人で演奏してて、途中で喧嘩し始めましたw
で、演奏中断ww その後お客さんが歌い手で飛び入りで、何人か歌ってました。
なるほど、地元の音楽ってこういうものなんだなーって。思った。
c0107901_20452846.jpg
お店で聞いていると、英語で話しかけられました。
彼の名前はChristian。なんと奥さんが福岡出身の日本人らしい。
で、僕がチェロで旅していることを話したら、それをお店のママに伝えてくれた。
そしたらママがCDくれたんです。
実は右側でギターを弾いているのが、お店のママの息子さんで、彼のCD。

その後、実はパリでいろんなものが盗まれてしまい、
CDも盗まれてしまったのです。すごくすごくすごく残念。
日本に帰ったら、このお店に僕のCD送って、もらったCD無くしちゃったこと謝りたいなぁ。

----

リスボンの後は、電車でサンセバスチャンに向かったんだけど、
寝台車を予約したつもりが、普通の座席の深夜便でした。
なので、1席にチェロと僕が入ってとてもきつかったし、
ちゃんと寝れなかったけど、優しいフランス人の兄さんが席移動してくれた。
がらがらだったけど、ありがたかったなぁ。

次回サンセバスチャン編に続くはずです。

[PR]
# by komitetsu | 2016-01-13 21:01 | 世界放浪 2015年12月-2月

チェロ、作曲、DAW、世界放浪


by komitetsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31